30代の女性が20代の男性に恋をするとどうなるのか?

例えば、33歳の女性と28歳の男性のように
年の差が少しだけなら、全然気にすることはありません。

 

逆にあまり気にすると相手も意識していまします。

 

しかし、一回り以上年齢が違う場合は注意が必要

 

特に30代なかば〜後半の女性は、まだ若い時と大人の女性との間で勘違いも起きやすいです。

 

女性として扱われたい、見られたいのに年下の彼に頼られてしまう・・。
私よりももっと若くて良い女性がいるから諦めたほうがいいのかな・・。

 

若い男性を好きになった30代女子はどうしたらいいのか?

※厳しいことを言うので、気分を害するかもしれませんが、一般的に思われていることを受け入れてください。

 

まず、あなたから好きな気持ちを告白したり、あなたの気持ちが相手よりも強すぎると可能性が一気に低くなります。

 

すべての恋愛においてもバランスは重要ですが、特にこの年齢差の場合は
女性側の気持ちが強すぎるとうまくいきません。

 

逆に考えてみてください。

もしもあなたが50代の男性に一方的に気持ちを伝えられたらどうですか?

 

社会的な立場があったり、金銭的にも余裕がある50代男性ならまだいいかもしれません。
しかし、普通の50代男性だった場合は、よっぽどのことがない限り恋愛対象にはならないですよね?

 

普通ではない30代女子ならOK?

もしかしたらあなたも年齢の割に若く見られるかもしれません。

 

しかし一般的に女性に対して年齢を言う時には、実際の見た目よりも若く言うのが常識です。

 

それを真に受けて「自分は若く見られるから、年下の男性でもイケるのではないか?」
と勘違いしてしまう女性も多いです。

 

もしも、あなたが本当に20代に見られて、性格的にもモテるタイプだとしたら
相手がどれだけ離れている男性でも悩む必要はありません。

 

そのような女性は自信があるから、ネットで情報を探すよりも行動しています。

 

しかし、諦める必要はないです。方法はあります。

 

時代的に年上が求められている

男性にも女性にも、現在では年上が求められる時代とも言われています。

 

その背景には、離婚する夫婦が増えたり、共働きにより両親との時間がすくなる事で
恋愛対象に、「親」を求めるケースが増えているのです。

 

このケースで言うと、母性を求めて年上の女性が好きな男性が増えていると言えます。

 

しかし、母性だけでは恋愛に発展しません。

 

だから、最初に出会ってからすぐに恋愛感情を求めてもダメなのです。

 

母性は、入り口にすぎず、そこから恋愛に発展するには
やはり女性としての魅力が最低限必要になります。

 

この順番を間違えると、勘違いしているおばちゃんになってしまいます。

 

最初は頼られる年上の女性

若い男性が少しでも、寂しくしていたり悩んでいると感じたら
おせっかいでもなんでもいいので、積極的に支えてあげましょう!

 

ちなみに、年上が好きな男性のタイプの特徴としては、
寂しがり、表には出さない悩みがある
というものがあります。

 

しかしこの時に、何度も言いますが恋愛感情を感じられるような言動はNGです。
最初は、女性として見られないことを前提として考えるようにしましょう!

 

年下でも男性のプライドを大事にしてあげる

年下だと、まだ経験も浅いので、あなたからは幼く見える時もあるだろうし、
注意しているつもりで指摘したくなることもあるかもしれません。

 

しかし、そんな時でも一人の男性として、しっかりと扱う必要があります。

 

決して「若いから」と見下すのではなく、大人の男性として接することが大事です。

 

なんでも話せる関係になってからが勝負

若い男性が、誰にも言えないような悩みをあなたにだけ話すようになってからが勝負です。

 

この時になって、はじめて女性としての魅力を感じさせる必要があります。

 

  • 普段は、パンツルックなのにたまにミニスカートを見せる
  • 胸元が空いた服を着て、あえて無防備なところを見せる

このようなアカラサマな行動が効果的です。

 

女性から見れば、そんな事で?
と思うかもしれませんが、男というのは
この場面に置いては単純なので、女性が考える以上に効果的なのです。

 

あなたの強い想いは隠して相手を惚れさす

言葉にすると簡単ですが、実際にこれが出来るならば悩むこともないですよね。

 

ここまでは、一般的に若い男性が年上の女性を好きになるまでの手順を説明しました。

 

しかし、相手の気持ちを操作するのは難しいですよね?

 

人によって考えていることも環境も違います。
そんな時に、コチラのようなサービスが喜ばれています。

関連ページ:


⇒【彼の事・自分の事がわからない】誰にも相談できない「恋愛について」

 

相手の気持ちを変えたいと思った時の注意点も紹介します。

付き合うと相手を洗脳したくなる女性は注意

 

誰かと付き合うようになると、やはり自分の思い通りにならないことも多くなってくるでしょう。
もちろん、これはお互い様なのですが、思い通りにならないということがストレスとなって破局の原因となってしまうこともあります。

 

そういった中で、付き合うと相手を洗脳して、自分の思い通りにしようとする女性も少なくありません。
付き合うと相手を洗脳したくなる女性たちについてお話ししていきたいと思います。

 

・相手を洗脳したくなるのはプライドの高さが関係している

付き合っている相手に限らず相手が思うように動かない場合、「洗脳できればいいのに」と思ってしまうのは別におかしなことではありません。

 

ただ、相手を洗脳したくなるというのはプライドの高さが関係していると考えられます。
というのも、相手を洗脳するということは、相手を自分の思い通りに動かすということです。

 

言ってしまえば、自分の言うことを何でも聞く人形、奴隷のようなものです。

 

自分がトップに君臨して、そんな自分に跪いて何でも言うことを聞く人形、奴隷がほしいからこそ洗脳したいという発想が出てくるとも言えるのです。

 

例えば、プライドの高い上司があの手この手で強引に部下に言うことを聞かせようとしているのと同じです。
言うことを聞かせるために洗脳というものを考えるあたりが巧妙とも言えるかもしれません。

 

・プライドの高さは自信のなさの裏返しであることも

プライドが高いというとそれこそ生粋のお嬢様のような女性を思い浮かべる方も多いでしょうが、実際にはそうとは限りません。
というのも、プライドの高さというのは自信のなさの裏返しであることもあるのです。

 

小さい犬がキャンキャンを激しく吠えたてるのは不安や恐怖が強いからと言われています。
自分に自信のない女性は小さい犬が吠えるのと同じように、プライドの高さで自分を守っているのです。

 

自信がないからこそ人を見下し、高いところから相手を跪かせるような形を求めているのです。

 

逆に言えば、そこまでのことをしないと自分を保てないような強烈なコンプレックスが女性にもあるかもしれないのです。

 

自信がないからこそ、洗脳して絶対に裏切ることのない自分の支持者を集めようとしているとも言えるでしょう。

SNS

     
ページの先頭へ戻る