彼に舐めてもらうにはコツが必要

なぜ彼はクンニをしてくれないの?あなたにも原因が・・・?

私は彼にご奉仕はするのに、そのお返しがない・・・
そもそも前戯が全然ない・・・

なんていう悩みをあなたはもっていませんか。

 

しかし、彼にも言えないこともあるし男性のタイプによっても変わります。

 

ニオイの問題やアソコに対するイメージが悪い場合もありますが
その時に、女性がやりがちな間違った「おねだり」や
うまく伝えるコツなどを男性側の本音を紹介します。

 

大好きな彼とエッチするなら、たっぷり楽しんで気持ちいいものにしたいですよね。
女性なら、恥ずかしいけど彼にクンニしてもらいたい、と思うもの。
では、なぜ彼はクンニをしてくれないのでしょうか

 

まずは、一般的な理由からご紹介します。

彼がクンニをしてくれない「よくある理由」

1.ニオイが気になる

このページを見ている女性は自分でも気にしていると思いますが
あなたは、自分のアソコがどれほどニオイうか知っていますか?

 

自分では気づかないニオイも、相手からするとすごく気になることってありますよね。

 

女性はよほど体が柔らかくなければ、自分でアソコを舐めることは出来ません。
しかし男は直接、鼻を近づけて舐めるわけです。

 

だから彼がクンニをしてくれないのは、
「アソコのニオイが気になるからかも?」
と思う女性が多いです。

 

2.陰毛がボウボウ

陰毛の処理をしていないと、かなりボウボウになりますよね。
そんな陰毛を見ると、男性は萎えてしまうので
クンニをする気も失せてしまいます。

 

陰毛がボウボウだと、毛が口に入ったり鼻の穴に入って不快な思いをするので
クンニもしづらいですし、ニオイの原因になることもあります。

 

3.膣周りが汚いと思っている

あなたに問題はなくても、男性が膣周りを汚いと思っていることもあります。

 

「尿や便をする」ということを想像すると、汚いと思っても仕方がないですよね。

 

他にも、過去に不潔な膣を見たことがあってトラウマになっている男もいます。
「トイレットペーパーのカスがついていたり」
「性病を持っている人がいたり」理由は様々です。

 

なので、これは男性の考え方や経験によります。

特に若い男性や潔癖症の男性は、心の中では愛情たっぷりだけど
「クンニするのだけは無理」というケースもあります。

 

だから、このような彼氏の場合は無理にお願いするのは得策ではありません。
※かといって、そのままでは嫌ですよね・これに関しては後からも解説します。

 

4.相手を気持ちよくさせたいという気持ちがない

男性の中には、「自分が気持ちよかったらいい!」という考え方の人もいます。

 

オレ様気質だったり、Sっ気がある男性だとこういう考えをすることもあるでしょう。

※この場合は交際当初は、がんばって彼女をイカセる努力をするのですが
「目的が達成された!」と思うと、途端に彼女への態度も冷たくなるのです

 

他にも、「相手を喜ばせたいとか気持ちよくさせたい」という気持ちがない男性には、
もともとセックス自体を面倒と思っていることもあります。
※特に、現代の若い男性に多いのですが年配の男性も
私生活での負担からくる気力が減少している問題で増えています。

 

このような男性は、エッチの時以外でも
相手を配慮する気持ちが欠けているので一緒にいても楽しくないのではないでしょうか?

 

一般的な「彼にクンニしてもらう」方法

1.ニオイに気をつける

まず、多くの男性はニオイで「う…」となることがあります。
なので、ニオイのないアソコを手に入れるようにしましょう。

 

デートの前にお風呂に入れば大丈夫だと思う女性もいますが
デート中に汗をかくこともあるし、それまで時間が経過しているので、
あまり解決にはなりません。

 

最近では、女性のアソコ専用のソープで丁寧に洗うこと商品も多いですが
食生活や生活習慣を気にすることも大事です。

ワンポイント

エッチする可能性がある数日前から食べるものにも気をつけるといいでしょう。

 

食べ物によって、体臭やアソコのニオイも変わるもの。
にんにくや玉ねぎ、スパイスのキツイものは避けること。
噂によるとパイナップルを食べると、いい味のアソコになるそうです。

 

2.アンダーヘアを処理する

アソコの処理をしていないと、男性が見たときにやる気をなくします。
ボウボウだと、クンニもしづらいですし、ニオイも気になるもの。
男性は、そんなボウボウのアソコに顔を近づけたくない…と思うのです。

 

なので、アンダーヘアの処理は忘れずにしましょう。
毛を短くしたり、VIOの脱毛を受けてみるのもおすすめです。
最近は、ハイジニーナにする女性も多いので、自分に合ったアンダーヘアを考えてみるといいでしょう。

※ハイジーナとは?⇒簡単に言うと、「アソコの脱毛」
「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」から作られた言葉らしいですね。
清潔にするほどニオイの問題にも影響してくるということですね。

 

【やりがちな間違い】クンニをおねだりする3つの方法

女性誌やコラムなどで紹介されることもありますがこのような情報は
女性目線で語られていることが多いです。

 

だから、男性の本質がわからずに失敗してしまうのです。

 

ここでは、よくありがちなコラム風で紹介しながら男の本音を元に訂正していきます。

 

1.ご奉仕後におねだり

あなたが与えることで、彼もお返しに…となるのは自然な流れ。
ギブアンドテイクになるので、あなたもおねだりしやすいですし、彼も自然と受け入れてくれます。

 

いきなり自分からクンニをおねだりするのは…というのなら、まずは彼にご奉仕しましょう。

 

たっぷりとフェラをしてあげたあとに、「私も気持ちよくなりたいな?」と一言言えばOK!

どうですか?
どこかで見たことがあるようなないような、感じですよね?

 

そもそも、フェラをしてもらってもクンニしない男はやりません。

 

確かに、普段のエッチの組み合わせに「クンニ」が入っていない男性もいるので
そのような場合は、「気づかせてあげるという意味」ではいいかもしれません。

 

しかし、「クンニをしない」ということは、なにかしらの理由があることのほうが多いです。

 

それに気が付かずに、ちょっとしたテクニックで解決しようとしても無駄です。

参考記事

 

2.乱れる女になってシックスナインでおねだり

シックスナインは、お互いの性器を一緒に舐め合うものなので、
あなただけが気持ちよくなるわけではありません。

 

シックスナインをおねだりすれば、自然とお互いに気持ちよくなるのです。

これも「フェラをおねだり」と同じように、
そもそもやらない男性は拒否する可能性が高いです。

 

しかし、シックスナインをしたことがない男性もいるので、
その場合は興味本位で1かいくらいはしてくれるかもしえれません。

 

でも、シックスナインはお互いの身長などで「ちょうどよい」体勢ににするのが難しいです。

 

基本的に、男性が寝転んで女性が上だと思いますが
結局、フェラだけしてもらって「自分はなにもしない」という結果になりかねません。
※体勢が違うだけで、しているのは女性だけという状況です。

 

もしかしたらあなたの反応がよくなかったのかもしれません。

男性は、好きな女性には感じて欲しいものだから
「その反応を見たい!」と思っています。

 

クンニをしてもらったら、もがいてみたり、喘ぎ声だしてみたり…可愛い女を演じましょう。
あなたが気持ちいいということを表現するだけで、彼のやる気がでてきますよ。

参考記事

⇒もしかしてマグロだと思われている?
※挿入が気持ちよくないと感じる女性を中心に書いていますが、
もしかしたら、あなたにも当てはまるかも?

 

3.セクシーランジェリーでせめる

彼が攻めたくなるようなセクシーランジェリーをあなたは持っていますか。

 

普通の下着ではなく、Tバックやシースルーの下着など、セクシーランジェリーなら何でもかまいません。
彼の興奮スイッチを刺激して、誘ってみましょう。

これもよく聞くような感じですよね?

 

確かに、「ギャップ」という意味では効果がありますが、
逆の意味での「ギャップ」にもなりかねません。

 

結婚していてスタイルもだらしなかったり、ボサボサの髪の毛・スッピンで
セクシーな下着をつけても、気持ちが悪いだけです。

 

まだ若いカップルで単に刺激が足りなかっただけだったり
年齢の割にスタイルを維持している女性ならば効果はありますが
そうではない女性の場合は逆効果です。

 

どうしても見た目で勝負できない場合は、もっと別の感じさせ方があります。

 

いかがでしたか?

 

女性誌やコラムなどで紹介される事例は、女性同士なら納得できるかもしれませんが
ほんとうの意味で男を理解しているとは言えません。

 

彼がクンニをしてくれない理由には、様々あります。

 

なかなか聞きにくいことなので、まずは自分でしっかりとケアしておくこと。

 

そして、男性心理を理解した上で、彼に可愛くおねだりしてみましょう。

    
page top