僕の彼女はワキガです

でも、別れるつもりはありません。
だって大好きなんだから!

 

最初はたしかに強烈な臭いだったので、がまん出来ない時もあったけど
不思議なもので、ずっと一緒にいるとそのニオイもあまり感じなくなるし
なぜか癖になるニオイでもあります。

 

しかし、ある出来事によって
大好きな彼女のワキガ対策しようと真剣に考えるようになりました。

 

彼女と二人でワキガのニオイを解消するために、無我夢中で対策法を調べて
結果的に、ワキガのニオイが消えた方法を紹介します。

 

 

まずは自己紹介から

僕と彼女は交際8ヶ月。

 

中部地方に住んでいます。
仕事は、建設系の会社で彼女は受付事務です。

 

僕が32歳。彼女は28歳。

 

年齢的には結婚も考える年代だけど、まだ具体的な話はありません。

 

今までは彼女にワキガだと言えなかった

ものすごくデリケートな問題だから、女性に対してはっきりと言うことは出来ませんよね。

 

だから、今までは強烈なニオイがしても耐えていました。

 

ちなみに、僕の場合は交際してからも
しばらくは、彼女がワキガだと気が付きませんでした。

 

もしかしたら、交際前や交際してからすぐに気がついた場合は
このような気持ちにならなかったかもしれません。

 

他の男性のケースで言えば、もしも気になる女性がワキガだったら

  1. 態度が急に冷たくなる
  2. 別れを真剣に考え始める

となるようです。

 

特に1度だけのエッチで急に態度が変わった場合は要注意です。

 

確かに、男性の特徴として一度、手に入れた女性には冷たくなるというものがありますが
実はそれだけではない場合もあるのです。

 

 

僕が我慢さえずればいいのだと思っていた

※正直に言うと、ずっと一緒にいることで、あまり感じなくなり
ニオイを消す必要性もそこまで感じていませんでした。

 

 

しかしある日、知り合いと一緒に個室のご飯屋さんで食事することになったのですが
その時に、このままではダメだと思うようになったのです。

 

彼女に対して明らかにクサイ態度を取る

個室で一緒に食事をしている時に、あからさまにクサイ態度をするのです。

 

それだけではなく、彼女がトイレに行って
いなくなった時に、はっきりと言葉にされました。

 

 

お前の彼女のワキガはヤバからなんとかしたほうがいいぞ!


と。

 

自分の彼女が態度だけではなく、言葉でもこのように
はっきりと言われたのはショックでした。

 

思い返してみれば
・一緒に乗ったエレベータの中で⇒咳払いする人
・車に乗った時に他の同乗者がいた時⇒思いっきりドアを開ける人

 

このようなこともありました。

 

今までは、彼女に嫌われたくないから言えなかった

でも、本気で彼女の為を思ったら、このままではダメだ!
彼女が幸せなるためにも、対策法を探すしかない!

 

今の自分はもうあまり気にならないし、嫌われたくないから言わない。

 

でも、それは
本当に彼女の為にはなっていないのではないか?
と、思うようになりました。

 

ワキガだよ!と伝えるためにどうしたらいいのか?

彼女が自分のワキガに気づいているのか
もしくは自覚があって、過去にも対策はしていたけど
なかなか改善しないだけなのかもしれない。

 

ワキガの場合は、本人が気がつないことも多いらしいけど、
もしも自覚があった場合は、余計に彼女を傷つける事になってしまいます。

 

だって本人は自覚して、がんばって対策しているのに
無神経に彼氏から言われたら、誰だって悲しい気持ちになりますよね。

 

ちなみに、自覚がない場合は家族にもワキガの人が多い
逆に自覚がある人は、家族にワキガの人がいないケースが多いそうです。
※ワキガは遺伝と言われているので、家族もワキガの場合が多い。
結果的に、自覚がない人が多いということになります。

 

まずは自分のニオイについての会話をした

 

僕の場合は、自分に口臭があるのではないかと心配していました
だから、まずは自分の口臭について会話をするようにしたんです。

 

俺の口臭って気になる?

最初は冗談交じりで、笑いながら聞いてみました。

 

彼女は、

そんなニオイはしないよ!

と言ってくれましたが、
本当にニオイがしたら彼女だって本当のことを言えないと思います。

 

だから、真剣な雰囲気にして正直に答えて欲しいと伝えました。

 

すると、

たまに臭うこともあるし、朝は寝起きですぐに会話するのはちょっとキツイかも?

と言われました。

 

自分でも心配していた事ですが、実際に言葉にして言われると
やはりかなりショックですね・・・・・・。

 

他にも自分は加齢臭がするのか?⇒それはない
僕の体臭について様々な事を聞きました。

 

そして最後に、僕はワキガのニオイはあるのか?

 

という話題になりました。

 

本当は彼女からワキガをカミングアウトして欲しかった

この流れで彼女から「自分のわきが」に関して
もしも自覚があれば、カミングアウトしてくれるのではないか?
と淡い期待と、ココまで来てもまだ
自己保身でハッキリと言えない自分がいたのです。

 

言い訳をすると、僕を信じて正直に話してほしいという気持ちもありましたが、
それは女性には、酷な話ですよね。

 

 

彼女は特にワキガに関しては話すこともなく、

 

 

しばらく沈黙の時間が・・・・・。

 

このままではダメだ!

 

もしも嫌われたとしても、それが彼女の為になるなら
この強い願いで、ついに彼女にワキガであることを伝えることに。

 

今からキツイ事を言うけど僕を信じて・・・

 

実は、〇〇(彼女の名前)はワキガだよ・・・・・・。

 

  • ずっと気になていたけど嫌われたくないから言えなかった
  • 今の俺は気にならないけど、他の人は気にする
  • 〇〇が周りの人に変な目で見られてるかもしれないと思うと心配
  • 気づいているかわからないし、すごく辛いと思うけど
  • 俺は〇〇の事が大好きだから
  • だから、君のためにも一緒にがんばろう!

と伝えました。

 

すると、また沈黙の時間が流れ・・・・・。

 

 

彼女は泣きながらこういってくれました。

・本当は自分でも少し思っていた
・今まで対策グッズなどを試したけど改善しなかった
・でも、自分ではどれくらい臭っているのかがわからない

 

その日からワキガ対策方法を徹底的に調べた

今まで彼女が試してみてダメだったものを聞いて
それらは排除しました。
※個人により変わるかもしれませんが。

 

なんだか、怪しいデオトラントの販売ページ(体験者が実在するのかも不明)
結局、一つの商品しか紹介していないページはどこか広告だと感じてしまう。

 

かといって、ランキング形式で紹介されても本当なのか信じることが出来ない・・・。

 

だから僕は目的別で選べるほうがいいと思います。

料金やどのようにして使うのか?
ケアが面倒な人もいるだろうし、根本的に改善したい人もいるだろう。

 

根本的な改善はワキガ手術?

普段のケアもしなくていいし、根本的に対策するならやはり手術という話になりますよね。
しかし、料金的な問題もあるし、
再手術が必要になるケースもあるし体への負担だけではなく金銭的にも心配

 

彼女が望むなら、費用は僕が出すつもりでいましたが、
彼女はあまり乗り気ではなかったです。

 

でも一応、調べました。
・直視下手術法
現在の主流で効果が安定していると言われている
30万〜50万円

 

・皮下組織削除法
20万〜40万円

 

・皮下組織吸引法
15万円〜

 

市販のデオドラントなどは期待できない?

彼女も最初は一般的なデオトラント商品を試したみたいですが、
なかなか効果を実感出来なかったようです。

 

それもそのはずで、専門商品ではない場合が多いからです。

 

さらには、香りでごまかしたり汗を抑えるだけのものだと
なかなか効果に期待が持てないのです。

 

しかし、そこまで強い匂いじゃない場合は効果が期待できることもあるそうなので
はじめての人にはいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は彼女は「スソワキガ(シモガ」でもあった

ここだけの話ですが、彼女のアソコは女性が発するようなニオイではなく
おじさんのようなニオイがします。

 

コレに関しては僕だけが我慢すればいいだけなので、最初は言わないつもりだったのですが
ワキガ対策を調べていくうちに、
ワキガの人はスソワキガ(シモガ)の可能性が高い!
という事実です。

 

コレを知った彼女は、スソワキガに関しても調べるようになりました。

 

そこで彼女が選んだのがこちら

 

 

公式サイトはこちら

女性を悩みから開放するイビサソープ&デオドラント

 

女性ってやっぱりこのようなおしゃれな感じが良いんですかね?

 

僕としては、もっと別の商品でもいいように感じました。

 

例えば、●デリケートゾーンを瞬間的にケア

  • スプレーでその場ですぐ対策できる
  • 1回の購入で解約OK

 

【インナーブラン】【afb】

 

出先でイザというときだけ使えばいいので、まずは1回購入して
休止にしてから、使えば毎月買わなくてもいいですよね!

 

毎日使わなくても、イザという時に使えばいいのだから!

 

 

 

 

 

 

運営者情報
プライバシーポリシー|免責事項

 

ページの先頭へ戻る