気持ちよくなれないのはあなただけではない!

ある程度の年齢になってくると男女が付き合う場合には、必ずエッチがセットとなってきます。

 

もちろん、プラトニックな関係というのもあるかもしれませんが、最近では性におけるハードルが下がっている傾向にありますので、むしろ早い段階でエッチをしてしまったり、エッチから始まってしまったりすることもあるのではないでしょうか?

 

ただ、エッチにおいては正直なところ、前戯だけでいいという女性たちも多いようですね。

 

・もともと中が感じる女性は少ない

男性は女性が中で感じるものと思っているからこそ、挿入する際には
とにかく激しく出し入れをしようとしますし、なるべく奥を突こうとするのです。

 

しかしながら、もともと中が感じる女性は少ないのです。

 

まれに感じない女性を非難するような男性もいますが、これは論外です。ろくな女性経験のないポンコツと考えていいでしょう。

 

 

もともと女性の中というのは、出産の際に子どもが通ってくる道でもあります。
出産というのは言うまでもなく激しい痛みを伴うものですから、どちらかというと鈍感に作られているのです。

 

その分、クリトリスは敏感になっていますし、女性のほとんどがクリトリスで感じるのです。

 

クリイキと中イキであれば、クリイキする女性のほうが多いですし、むしろクリイキしか経験がないという女性が大多数なのです。

 

 

・挿入のときに演技するのが面倒だという女性も

先でもお話ししましたように、中が感じる女性というのはそうそういるものではありません。

 

だからこそ、男性がどれだけ頑張って挿入をしても、本当に中にアソコが入っているだけの感覚になるという方は多いのです。

 

もちろん、気持ちの面で満たされる部分はあるかもしれませんが、
感じていないのに感じる振りをしたり、いった振りをしたりするのが面倒だという女性もいます。

 

こういったこともあって、エッチは前戯だけでいいという女性は結構いるのです。

 

もちろん、前戯からして下手な男性もいるかもしれませんが、とりあえずクリトリスをうまく刺激してくれれば気持ちよくはなれるものです。

 

エッチするなら前戯だけでいいという方はもちろん、挿入するにしてもクリトリスを同時に刺激できるようなバイブのほうがいいという方もいます。

 

 

どんなに盛り上がっていても行為中に冷める

女性にとって好きな男性とエッチする時間というのは、とても幸福なものです。

 

しかしながら、だからといってずっと気分が盛り上がっているわけではありません。

 

男性が盛り上がっている中、女性はしれっと冷めていることもありますよね。

 

特に、どれだけ盛り上がっていてもエッチ中に冷めるという女性は少なくありません。

 

・女性は基本的にエッチ中には演技をするもの

基本的に女性というのは、エッチ中には演技をするものですよね。

 

もちろん、中には意識的に演技をしているという方もいるでしょうし、無意識のうちに演技をしているという方もいます。

 

ただ女性の場合は、演技がないエッチはないと言い切ってもいいくらい演技がつきものなのです。

 

例えば演技をしているときに、天井が目に入ってくると急激に現実に引き戻されるという女性もいます。

 

他で例えると、何かの舞台を楽しんでいるときに
裏方のスタッフがちらっとでも見えてしまうと気持ちが冷めてしまいますよね。

 

どれだけ盛り上がっても、冷静になりやすことが目に入ることによって現実に引き戻され、気持ちが冷めてしまうのです。

 

これは仕方のないことと言ってもいいでしょう。

 

・現実に引き戻されて自分を客観的に見てしまう部分も

エッチ中に限ったことではないのですが、盛り上がっているときにふと
「自分、今何してるんだろう……」と思ってしまうことはあるものです。

 

飲み会の席で盛り上がっているとき然り、エッチのとき然りです。

 

これは自分を客観的に見てしまうからこそ起こってくることでもあります。

特に、エッチというのは客観的に見るとそうそう美しいものではありません。

 

男女が絡み合って、お互いの粘液でぐちゃぐちゃになることもあるわけですから
客観的に見るとどちらかというと汚い行為とも言えるわけです。

 

エッチ中に現実に引き戻されると自分の置かれている状況を客観的に見てしまうからこそ
気持ちが冷めてしまうという部分もあるでしょう。

 

そもそもそれこそ理想が吹っ飛んでまったく余裕がなくなるような気持ちいいエッチというのは、夢物語です。

 

女性であれば誰しもこういった冷めた部分は持っているし、経験していると考えていいでしょう。

 

 

だから、気持ちよくなれなくても心配することはありません。

 

あなただけではないのです。

    
ページの先頭へ戻る